忍者ブログ
  • 2017.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.08
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/07/27 05:38 】 |
結婚の障害③

結婚の障害となるものその3は「家のしきたりと複雑な親戚関係」です。

これは、田舎の大きな家や、親族の多い本家の人間と結婚するような場合に持ち上がることがある問題なのですが、二人の力では解決できないようなことも多く、結婚の障害になります。

【AD】 http://konkatsu100ka.net/

田舎の家は親戚や近所付き合いで独特のルールがあるところも珍しくなく、そこが名家ともなってくると、世間体なども絡まって非常に大変な思いをすることがあります。

外出の際の作法であったり、服装であったり、来客をもてなす際の心得であったりとか、その家に住んでた人間でないと分からないことを強要される場合もあります。

また、大きな家になるといまだに「男子厨房に入らず」のような体制を取っている家もあって、極端な場合「女性は男性より先に食事を取ってはいけない」という決まりの家もあります。

結婚して、そのような家に住むことになったら、そのしきたりを破ることは容易ではありません。


PR
【2011/12/12 16:02 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
結婚の障害②

結婚する際の大きな障害として問題になることその2は「借金」です。

精神論を重視するのであれば、「愛さえあればお金なんてなくても大丈夫」と言いたいところですが、現実はそうもいきません。

【AD】 http://konkatsu100ka.net/area/saitama/

特に、お金が無いだけでなく、さらにマイナスとなる借金の存在は、結婚の際の大きな問題として二人の肩に圧し掛かってきます。

借金があると、家を建てようとした際に建てられないこともありますし、無い場合に比べて毎日の生活が苦しいものになります。

結婚生活は金銭的なものが一番ではないですし、そもそも人はお金の為に生きているわけではないのですが、無ければ生きていけないのが現実であって、それで苦しい思いをすると愛情もどんどん無くなっていってしまうようです。

折角結婚しても、すぐ離婚したりするようでは、結婚式などの費用でさらに借金が増えるだけです。

ですので、婚活中は、出来るだけ借金をしないようにしましょう。


【2011/12/12 16:01 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
結婚の障害①

結婚しようと思った時に、障害となるものがあります。
それが些細なものであれば二人で力を合わせて乗り越えられますが、二人が力を合わせても乗り越えるのが難しいものもあります。
そんな結婚の障害となるものその1が「お互いの宗教」です。

【AD】 http://konkatsu100ka.net/area/chiba/

お互いが同じ宗教で、宗派も一緒で価値観も一緒なのであれば、宗教は障害にはなりません。
むしろ、お互いをより深く結び付けてくれる場合もあります。

宗教が障害となるのは、お互いの宗教が別、もしくは宗教が同じでも宗派が別の時です。

この場合は結婚する際にどちらの宗教で式を挙げるのかでも揉めますし、そもそも別の宗教の人間との結婚を認めていない宗教もあります。

また、片方の親がその宗教に入っていると、生まれた子どもまで強制的にその宗教に入れられる宗教などもあり、非常に複雑です。

このような場合はどちらかが妥協するしかありません。

このような事象で揉めてしまったら、自分の意思を曲げるか、相手の信念が変わるまで待つか、結婚を諦めるかの3托です。

【2011/12/12 16:00 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
結婚と育児概念③
結婚と育児概念については、お互いに良好な関係を継続するために是非話し合っておきたい課題です。

片方が働いてもう片方が家事をするというような場合は、家事をする方が育児も担当する場合が多いのですが、その片方に育児を任せっきりにして、自分は働いているのだから育児は参加しない、というような姿勢を取るのは問題があります。

【AD】 http://konkatsu100ka.net/area/kyoto/

それでは親として色々なことを子どもに教える機会を失ってしまいますし、子どももそのような親の愛情は感じ取れません。

また、育児は楽しいものですが、その楽しみを体験できずに一生を終えることになってしまいます。

それに、昔のように祖父や祖母が同居していた時代と違い、核家族の家庭では、家事と育児を一人の人間が完璧にこなすことは物理的に出来ません。

結婚や子育ては二人で行う物です。

お互いに協力し合って、結婚後はより良い家庭を作れるように努力をしましょう。
【2011/12/12 15:59 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
結婚と育児概念②

結婚後の子どもについては、その養育費も大きな問題です。

子ども一人の出産費用だけで数十万円かかりますし、赤ん坊を育てる為に必要なオムツ代やミルク代は消耗品ですから一度買えば良いというものではありません。

【AD】 http://konkatsu100ka.net/area/tokyo/

また、私立の幼稚園に入園させると、一人につき毎月3万円はかかります。
高いところでは月6万円以上するところもあります。
そのような幼稚園を利用すれば年間に70万円以上が幼稚園の利用費として必要になってくるわけですから、結婚する際にはそのあたりも考えて子どもについて決めておきたいですね。

子どもが大きくなれば食費が増えますし、学費も必要になってきます。

結婚後にどちらか一方の収入で厳しくなってきたら、もう片方も働くなどして、お互いに支えあいましょう。


【2011/12/12 15:58 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次ページ>>