忍者ブログ
  • 2017.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.08
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/07/27 05:39 】 |
結婚と育児概念③
結婚と育児概念については、お互いに良好な関係を継続するために是非話し合っておきたい課題です。

片方が働いてもう片方が家事をするというような場合は、家事をする方が育児も担当する場合が多いのですが、その片方に育児を任せっきりにして、自分は働いているのだから育児は参加しない、というような姿勢を取るのは問題があります。

【AD】 http://konkatsu100ka.net/area/kyoto/

それでは親として色々なことを子どもに教える機会を失ってしまいますし、子どももそのような親の愛情は感じ取れません。

また、育児は楽しいものですが、その楽しみを体験できずに一生を終えることになってしまいます。

それに、昔のように祖父や祖母が同居していた時代と違い、核家族の家庭では、家事と育児を一人の人間が完璧にこなすことは物理的に出来ません。

結婚や子育ては二人で行う物です。

お互いに協力し合って、結婚後はより良い家庭を作れるように努力をしましょう。
PR
【2011/12/12 15:59 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<結婚の障害① | ホーム | 結婚と育児概念②>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>